◆TOPページ≫

新園舎工事現場ニュース
2005年 8月23日 (火)
01前回工事現場にお邪魔してから、お盆休みがあったので工期は実質1週間のはずなのに、現場は随分と進んでいました。このあいだ流し込まれていたコンクリートはとっくに固まっていて、木の枠もはずされ、そのコンクリートの周囲を土で埋め戻す作業に入っていました。

今日はショベルカーが土を掘るわけでもないのに、腕を忙しく上下させていました。現場監督さんに聞くと、土にセメントを混ぜ合わせているのだそうです。こうやって、固くしまる土にして、基礎のまわりの埋め戻しに使うのだそうです。


0203 敷地の西半分の工事は、東半分より一歩先を進んでいました。既に1階のコンクリートの床作りが行われています。職人さんたちが長い鉄の棒を縦に横に張り巡らし、その交わっているところをペンチのような特殊な道具を使って針金で結び合わせています。クルクルっと目にもとまらぬその早さは、さすが熟練の技です。こうやって網のように鉄の棒をはりめぐらせた後にコンクリートを流し込み、それが固く乾くのを待ちます。


04 ところで、オレンジ色の管のようなものが、鉄の網の目の中をあちらこちらに向かってのびていました。これは電気の線が通る管だそうです。電気の他にも、水道や排水が通る管なども、こうやって先に入れておいて、その上からコンクリートを流し込むのだそうです。コンクリートを先に流し込んでしまって、後から管を入れようとしても、鉄入りのコンクリートに穴を開けるのはとても大変ですからね。


工事現場の外側はこんな感じです。
05 白いピカピカの壁で覆われています。
06

泥臭い今の工事現場の中に、かわいい一角を見つけました。
青色、橙色、桃色の小さな小鳩と、緑色の親鳩の絵です。
これからのめぐみ幼稚園が楽しみです。



TOPへ戻る

H17.8.10 wed

H17.7.9-30

めぐみ幼稚園
めぐみ幼稚園
めぐみ幼稚園